1/10

"なつかしい未来の世界 荒川修作の仕事" 工藤順一 著

¥2,200 税込

SOLD OUT

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

本書は荒川の芸術的実践の本質に挑む、初めての書物。
岡山県奈義町現代美術館の「遍在の場・奈義の龍安信・心」、オープンしたばかりのテーマパーク岐阜「養老天命反転地」など、具体的作品に沿って詳述されています。

<目次>
1 絵画の脱構築—東高現代美術館「宮川淳へ」展
2 主観性を中性化する—荒川修作『意味のメカニズム』を読む
3 「見る者がつくられる場」実験展—1992年東京国立近代美術館
4 「遍在の場・奈義の龍安寺・心」を考える
5 岐阜「養老天命反転地」
6 コラボレーションから統合へ—絵画・思想・建築を支える視点
7 覚醒のエクスタシーに向かって


出版社:新曜社
刊行年:1995年初版第1刷
ページ:208P
サイズ:21.5 × 15.5 cm
言語:日本語
装丁:ハードカバー, カバー・帯つき

【condition】  B-
天・小口・地にシミあり
カバーと帯にヤケとシミあり


23070045ANS

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

SOLD OUT

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品
      その他の商品