1/9

植田正治 Shoji Ueda "植田正治 小さい伝記"

¥3,630 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

生涯「アマチュア」を自称し、「写真する」ことの幸せを貫いた写真家、植田正治。
本書は1974年から85年の12年間にわたり、雑誌「カメラ毎日」に13回発表したシリーズ「小さい伝記」シリーズを、註釈も含め初出掲載に近い形でまとめ、さらに同時期に書かれたテキストをも織り交ぜて構成した内容。
豊富な図版に加え、当時の貴重な日記や思いも楽しめる1冊です。

<目次>
在米鳥取県人会名簿より
小さな声で私の道はアマチュアの道
土踏まずにできた霜やけ
開拓団「香取」・伯耆大山
開拓農村で親睦写真展
写真で語る童話の世界
平和な朝
秋山庄太郎氏との対談より
半世紀のカビ・1930〜33年
軌跡1934〜40年
県展は、楽しいフェスティバル
晴日
初源への視線/本物の写真家と「若さ」
入院
初源への視線/それぞれの「関わり」


出版社:阪急コミュニケーションズ
刊行年:2008年初版
ページ:214P
サイズ:21.5 × 15.0 ㎝
言語:日本語
装丁:ソフトカバー, カバー・帯付き 

【condition】  B+
天に若干の薄いシミあり 
見開きにラベル跡あり


23090131ANS

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,630 税込

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品
      その他の商品