1/9

"ヒューモアとしての唯物論" 柄谷行人 著

¥990 税込

SOLD OUT

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

有限な人間の条件を超出し、同時にそのことの不可能を告知するような精神的態度、それこそが「唯物論」であり「ヒューモア」である。宙吊られた緊張に貫かれた近年の主要論文を収める最新評論集。

<目次>
個体の地位
交通空間についてのノート
一つの精神、二つの十九世紀
エクリチュールとナショナリズム
非デカルト的コギト
フーコーと日本
ヒューモアとしての唯物論
ライプニッツ症候群—吉本隆明と西田幾多郎
中野重治と転向
伊藤仁斎論
テクストとしての聖書
柳田国男論
『意味の変容』論
日本植民地主義の起源


出版社:筑摩書房
刊行年:1993年初版第1刷
ページ:298P
サイズ:19.5 × 13.5 ㎝
言語:日本語
装丁:ハードカバー, カバー・帯付き

【condition】 B
天・小口に薄いヤケあり
カバー・帯にヤケ、スレあり


23050090NS

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥990 税込

SOLD OUT

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品
      その他の商品